愛犬『なんも』と歩む、
新米飼い主の公開ヒトリゴト。
こんな僕でも社長になれた
<< ふれあいフェスティバルin栃木県mainHandbook発売中! >>
1年、経過。
IMG_20170615_114230-600x800.jpg
お久しぶりです〜!
なんもと暮らし始めて1年が経ちました〜!!
そして、来月で3歳になります。
今日は元気にドックCafeと、ドックランへ行き、
いっぱい運動できました。
キレイなお姉さんにも触ってもらって、
ご満悦でした(笑)

「なんも」の元飼い主さんが一緒に暮らすことを止めた時点から、我が家で共に暮らすまで、
色々ありました。
痩せたり、病気したり、性格が悪化したり。
その時は、まだ別の名前がありました。
ビーグル犬を噛み、
1針縫うほどの事故を起こした事件が、
ちょうど1年前。
私が決断して一緒に住み始めてからも、
友達の犬を噛ませてしまう咬傷事故を起こしました。
これは、私の過信と、危機管理不足が原因で、
あの時は本当に心底情けなく、反省と後悔の時間でした。
それから信頼関係を地道に築き、
やっと、今があります。
1497516775640-627x417.jpg
最近、周りの方々から
「なんもの表情が優しくなった」
「なんも、変わったね」
「なんも、友好的になったね」と言ってもらえます。
この前、なんもが近くにいたチワワ犬に、
そっとお尻を向けていたのですが
気のせいかな〜?なんて思っていたら、やっぱり
優しく「どうぞー良いよー」なんて具合に
向けているのです。
・・・・・気のせいじゃない!!!
すごく優しくなったと思います。
※犬同士の挨拶は互いのお尻をクンクン嗅ぎ合います。

1年前の手探りな日々から始まって、
周りの方々にトレーニング協力してもらったり、
信頼しているトレーナーの方には涙ながらに何度も相談してました。

「なんも」を加害犬にしないこと。
これは、今も大きな課題です。
穏やかに、優しく、落ち着いて。
なんもに日々呼びかけます。
IMG_20170615_143351-800x600.jpg
良い変化、感じています。
ただ、ドックランは他の犬が居る場合はフリーでは放しません。これは、私と、なんものルールです。
他の犬たちが、なんもの為にドックランを開放してくれて、思いっきり遊びました〜有り難いです。
なんもは思いっきり走り、ボールに夢中。
こうして、みんなに助けられて、反省と後悔も繰り返しながら1年を迎えたのです。
感謝。
- ★ - ★ - ★ みほfrom茶ばしら