愛犬『なんも』と歩む、
新米飼い主の公開ヒトリゴト。
こんな僕でも社長になれた
<< バート2017!main脳のシワ。 >>
働く腎臓。

冷え対策に、やっと買いました!

2017012809470001.jpg

 

 

色気、可愛げ、よりも機能性重視。
さすがにデートには使いませんが〜(笑)
『なんも』の散歩には最適です◎

リードがスルリと抜けないように
注意しています。

 

 

2017012809480000.jpg


犬、猫の死因上位には
「腎臓に関わる病気」があります。

石川家の二代目愛犬 『小梅』も
最期は腎臓に苦しみました。
末期になると、神経症状や痙攣も起こし、
老廃物が尿として体外に排出されず
苦しいです。

悪心、嘔吐、食欲不振、、
その他、症状に苦しみます。

『小梅』が亡くなる時、
私は怖くて怖くて
どうしたら良いか

無力で何もできませんでした。

〜敵と戦うには、まずは敵を知ること

もう腎臓からも疾病からも逃げたくありません。

腎臓は、せっせと働いてくれています。

♪働く車♪って歌ありますよね。
むかーし、むかし、よく歌ったような?!

腎臓だけじゃなく、
身体の臓器は全部働き者です。

長く仲良く付き合えるように
なるべく仕事量を減らしてあげること。
これには栄養面の管理も必要なのです。

犬は自分で勝手に冷蔵庫を開けられませんよね。
「昨日、焼肉だったから、
今日は煮魚にしよーう」とか
自身で食事を決められません。

〜食べた物が身体をつくる〜
これは、私たちも生き物全てが同じ。

与えすぎ、肥満も。
原因の根源は人。

犬にとっても
腎臓にとっても大きな負担。
目の前にある命を、健やかに見守れるようになりたいです。

もうすぐ春かー!!
今、旅を封印中なのですが、、、
兵庫県行きたいなー。。  

 

 

- ★ - ★ - ★ みほfrom茶ばしら